ミドリムシパワーを感じて!

人口増加による食糧難とエネルギー問題。

ミドリムシ(ユーグレナ)の成分

ユーグレナの成分は、14種類のビタミンに9種類のミネラルと18種類のアミノ酸、そして11種類の不飽和脂肪酸。そのなかでも近年特に注目を集めている成分が「パラミロン(β-グルカン)」。

» 詳細を確認する

ミドリムシ(ユーグレナ)製品

ミドリムシ製品の代表格は食品ですが、工業製品への利用も検討中とのこと。 なかでも石油・天然ガス代わりのバイオ燃料やミドリムシプラスチックが実用可能な製品であり、今後普及する可能性が大いにあります。

» 詳細を確認する

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリ

ミドリムシサプリを選ぶ一番大切な基準は、本物かどうか。 ミドリムシサプリのブームによって模造品が多く販売されているため、本物をしっかりと確かめる必要があります。 ただ見た目では一切本物かどうかはわかりませんので、「ユーグレナミドリムシ」のマークがある商品を選ぶと間違いないでしょう。

» 詳細を確認する

ミドリムシ(ユーグレナ)と健康

はっきりとした健康の定義をみなさんご存知でしょうか。 健康とは病気をせず、毎日を快適に過ごせることだと考える人が多いかもしれません。 しかしWHOでは、「単に病気ではなく病弱でもないことに尽きることではない」と定義されており、単に病気をしていなければ健康とは言えないようです。

» 詳細を確認する

「ミドリムシのチカラ」

東京大学でも研究が行われるほど注目度の高いミドリムシですが、その学名は「ユーグレナ」。 私たち人類誕生以前のはるか昔から生息していたと言われている生物であり、1950年代から本格的に研究が進められてきました。

多くの方たちが思い浮かべるミドリムシは、学生時代に単細胞生物の代表格として、顕微鏡でその姿を見た記憶ではないでしょうか。 ミドリムシの体長は約0.05mm。ご存知の通り、肉眼では到底見えない大きさの、小さな小さな生き物です。 こんな小さな生き物が何故今、大規模機関での研究の対象となっているのか。それは、ミドリムシには不思議なチカラが沢山秘められていることが判明してきたからなのです。

地球は今、石油や天然ガスに変わる新しいエネルギーを必要としています。 一番身近であり一番使用されているエネルギーである石油は、現在のペースで使用が続くとなると、なんと2050年には枯渇すると予想されているのです。 また、世界人口の増加による食糧危機も深刻であり、発展途上国では栄養失調や餓死の問題が後を絶ちません。 このように、私たちの生活の基盤ともなる食とエネルギーの問題ですが、これらを一挙に解決する生物が意外にもミドリムシ。 ミドリムシは無限の可能性を秘めた生物であると言えるのです。

まず第一に、ミドリムシの最大の特徴は、動物でもあり植物でもあるところ。 動物のように移動が可能な生物のために「ムシ」という名前が付けられていますが、実際は胞子植物である藻の一種なのです。 葉緑素を持つ胞子植物であるということは、光合成によって成長するので、太陽と二酸化炭素のみで栄養素を自生することが可能。 さらには非常に高濃度の二酸化炭素の中でも生きていけるとあって、地球温暖化にも一役買うのではないのかと、期待されているのです。

そしてまだまだ期待されている部分としては、バイオ燃料への可能性と高機能食品としての可能性。 期待されている理由としては、ミドリムシは成長スピードが非常に速く養分も必要としないからであり、原料が枯渇する心配が無いところもミドリムシが秘めたるチカラなのです。 燃料や実際の食糧としての活用は少し先のようですが、その栄養価に着目したサプリメントは既に複数発売中。 約60種類もの栄養成分を含むミドリムシは、人間が生きるために必要なほとんどの栄養素を含んでいる、非常に優れた食品でもあるのです。 慢性的な栄養失調が続く発展途上国での使用が期待されていますが、野菜不足が叫ばれる忙しい現代人にもうってつけのミドリムシ。 手軽に摂取できるサプリメントから、まずはミドリムシパワーを感じてみてはいかがでしょうか。